助産師で頑張る日々の記録


by amntjxvahg

<   2010年 02月 ( 26 )   > この月の画像一覧

 大阪市浪速区の通天閣で1日、一足早く節分の「福豆まき」が行われ、初参加の橋下徹・大阪府知事らが、景気回復や大阪繁栄を願った。

 街並みが一望できる地上約100メートルの展望台の屋上で、かみしも姿の橋下知事は今宮戎神社の福娘やOSK日本歌劇団のスターと「福は内、鬼は外」と叫び、小雨模様の空に向けて威勢良く落花生をまいた。

 橋下知事は1階入り口前でも観光客らに120キロの落花生を振る舞った。大阪府と大阪市の再編が持論だが、大阪市の平松邦夫市長は慎重な構え。「今年の鬼は平松市長」とドキリとさせる発言をしたあと、「でも追い出さず、福になってもらって仲良く一緒になります」と話していた。

小沢氏進退、なお焦点=首相「続投は至極自然」(時事通信)
<漁船銃撃>衛星位置情報が途絶 2隻、故意に切断の疑い(毎日新聞)
「週刊ゴング」の老舗出版社が破産 下火のプロレス人気に追い打ち(産経新聞)
【中医協】安全な麻酔管理体制を評価(医療介護CBニュース)
小沢氏、刑事責任なら「非常に責任は重い」(産経新聞)
[PR]
by amntjxvahg | 2010-02-06 08:00
 任期満了に伴う長崎県知事選が4日告示され、同知事選としては過去最多の7人(いずれも無所属新人)が立候補を届け出た。民主が初めて独自候補を擁立し、社民、国民新とともに前農水省室長の橋本剛氏(40)を推薦。自民は前副知事の中村法道氏(59)を実質支援し、事実上の与野党対決選挙となる。共産は深町孝郎氏(67)を推薦した。投開票は21日。

 長崎県は昨夏の衆院選で、民主が4小選挙区すべてで勝利。自民を支援した現職の金子原二郎氏(65)が4選出馬を断念、12年ぶりに知事が交代する。九州新幹線長崎(西九州)ルートなど大型公共事業の是非や、景気・雇用対策などが争点となるが、民主党の小沢一郎幹事長をめぐる「政治とカネ」の問題が、選挙戦にどのような影響を及ぼすかも焦点となりそうだ。【阿部義正】

 立候補者次の通り。

(届け出順)

橋本(はしもと) 剛(つよし)40[元]農水省室長=無新[民][社][国]

深町(ふかまち) 孝郎(たかお)67市民団体役員=無新[共]

中村(なかむら) 法道(ほうどう)59 [元]副知事=無新

押渕(おしぶち) 礼子(れいこ)71 [元]県議=無新

大仁田(おおにた)厚(あつし)52[元]参院議員=無新

松下(まつした) 満幸(みつゆき)62[元]運送会社員=無新

山田(やまだ) 正彦(まさひこ)44 会社役員=無新

【関連ニュース】
諫早湾干拓事業:堤防開門問題 面会先延ばし発言で知事、農相対応に「不満」 /佐賀
長崎知事選(下):「敵失」もさえぬ自民/衆院選の傷深く 自信揺らぎ/裏方にも徹し切れず
震政権:揺れる長崎県知事選/下 「敵失」もさえぬ自民
長崎知事選:政権交代の象徴に「政治とカネ」の逆風 おびえる民主 告示日は石川議員拘置期限
震政権:揺れる長崎県知事選/上 おびえる民主

米軍機の部品落下 民家直撃、けが人なし(産経新聞)
「少女エステ」従業員ら逮捕=児童福祉法違反容疑−神奈川県警(時事通信)
「外部保存通知」の改正を通知―厚労省(医療介護CBニュース)
国際線は1社体制で=JAL再建で−峰崎財務副大臣(時事通信)
爪切りで有罪判決、「傷害事件ではない」―看護管理学会が意見書(医療介護CBニュース)
[PR]
by amntjxvahg | 2010-02-05 11:08
 政府は29日、沖縄県の基地問題や経済振興策について地元自治体との調整を図るため、内閣官房に「沖縄連絡室」を設置した。近く現地に分室を開設する。仲井真弘多知事が今月、沖縄を視察した平野博文官房長官に官邸と沖縄の意思疎通の強化を要望しており、分室は「パイプ役」の機能を持たす。

 内閣府の沖縄総合事務局が現地にあり、各府省庁の職員約1000人が沖縄にいる。ただ、「縦割りで情報集約が非常に難しい」(平野氏)という弊害が生じているため、同事務局内に連絡室の分室を設置し、地元の情報を官邸に集約することになった。人員の規模などは今後、決定する。

 平野氏は同日午前の記者会見で、「地元首長の意見をうかがい、情報を官邸に集約できるような態勢、運用にしたい」と述べた。

 これに関連し、社民党の重野安正幹事長らは29日午前、平野氏が普天間飛行場移設問題で名護市長選の結果を「斟酌(しんしゃく)しない」と述べたことや、法的措置の可能性に触れた発言について首相官邸で抗議した。平野氏は「民意を尊重するのは当然だ」と説明、法的措置については「過去にそういうケースがあったと説明したつもりだった」と述べた。

【関連記事】
また法的決着発言 平野氏に「安保の重み」
平野長官が普天間問題で強気発言 首相のフリーハンド狙うも神経逆なで、収拾付かず
カモかチキンかサギなのか ハトは5月が正念場
民主を駆けめぐる「鳩山首相5月退陣」論
亀井氏「うるさい」発言で参院予算委理事会紛糾 2次補正今夕成立

西武有楽町店閉鎖 後継テナントいるのか(J-CASTニュース)
<日本原子力学会>原発トラブルに専門家の解説チーム発足へ(毎日新聞)
パソコンから大出さんのメール消去 木嶋容疑者、証拠隠滅か 結婚詐欺・連続不審死(産経新聞)
HVに接近通報装置義務化へ=「静か過ぎて危険」の指摘−疑似エンジン音など(時事通信)
首都圏連続不審死 大出さん殺害現場物色か 車Uターンも(毎日新聞)
[PR]
by amntjxvahg | 2010-02-04 11:54
 鹿児島大学が鹿児島県・奄美群島の住民約5千人から研究目的で採血した際、68人に利用目的や方法の同意を得ていなかったことが2日、分かった。鹿大は提供者と確認できた10人に謝罪した。

 研究は、がんと生活習慣、遺伝との関係を調べることが目的。名古屋大を中心に2005年度から鹿大や九州大など全国10機関が参加した。鹿大は05年10月−08年7月、奄美群島の10市町の定期健診時に5264人から採血し、3792人分の血液を名大に送った。

 うち2人分に遺伝子解析の同意がないことに名大が気付き、鹿大が送っていない血液も含めて調べたところ、研究参加への同意を得ていなかった58人分、遺伝子解析への同意がなかった9人分、名大に送ることに同意していなかった1人分が判明したという。鹿大大学院医歯学総合研究科の嶽崎俊郎教授は「採血時の確認などが不十分だった」と説明した。

 一方、九大によると、この共同研究で九大は血液提供者から遺伝子解析の同意は得ていたが、名大との取り決めには合致しない74人分の血液を誤って名大に提供。うち5人分の遺伝子解析が行われたため、結果は破棄した。名大は、生活習慣病に関するあらゆる遺伝子解析研究への使用に同意した人の血液のみを提供するよう、九大側と取り決めていたという。

=2010/02/03付 西日本新聞朝刊=

小沢氏「金足りてるか」 石川容疑者ら「収支を説明」と供述(産経新聞)
携帯充電器マルチで逮捕へ=虚偽説明で解約妨害−大阪府警(時事通信)
<将棋>1日目から激戦、羽生封じる 王将戦第2局(毎日新聞)
「今でも信じられず、実感わかない」=不明3カ月で両親−島根女子大生遺棄(時事通信)
モニターに映し出されるナイフの売上伝票 うつむいていた被告も顔をあげ…(産経新聞)
[PR]
by amntjxvahg | 2010-02-03 12:25
 以前勤めていた広告会社のホームページ(HP)を改竄(かいざん)するなどしたとして、警視庁ハイテク犯罪対策総合センターと愛宕署は、不正アクセス禁止法違反などの疑いで東京都八王子市並木町の会社員、高橋徹容疑者(39)を逮捕した。同センターによると、高橋容疑者は広告会社の元社員でサーバの保守管理を担当していた。高橋容疑者は大筋で容疑を認め、「会社に全く評価されていなかったので、どんなに大変な仕事か分からせてやろうと思った」と話している。

 逮捕容疑は、昨年10月6〜21日に、自宅パソコンから広告会社のサーバに計29回にわたって不正アクセスし、HPの顧客用ログインパスワード設定を改竄したり、転送用サーバ内に保存されていたデザイン作品集などのファイル約2万件を削除するなどとしている。

 同センターによると、同社は大手旅行会社のウェブ広告制作などを行っている。高橋容疑者は同社に約5年間勤務していたが、昨年9月に退社。業務で使っていた管理者用IDとパスワードで不正アクセスを繰り返していた。

 同社が昨年10月、警視庁に被害を相談していた。

【関連記事】
高1少女らが不正アクセス サイト改ざんで書類送検
パワハラ認め和解成立 千葉・松戸市、元消防士と
パワハラ ストレス 粗暴性? 米女子院生殺害 見えぬ動機
勤務医ら対象に電話相談 残業代不払い、パワハラ…相談29件
支援者「信仰心につけこみセクハラ」 牧師が女性信者に乱暴

ホリエモンが小沢氏聴取を分析(スポーツ報知)
沖縄連絡室長に瀧野副長官=政府(時事通信)
<公選法違反>後藤衆院議員の出納責任者が控訴(毎日新聞)
「まんがランド」を家宅捜索 千葉県警(産経新聞)
<無理心中>妻と子供2人死亡 夫を殺人容疑で逮捕 大阪(毎日新聞)
[PR]
by amntjxvahg | 2010-02-02 15:36
 法務省は28日、殺人など凶悪重大事件の公訴時効を廃止、人を死亡させたその他の罪は時効期間を現行の倍に延長する刑事訴訟法改正の要綱骨子案を法制審議会(法相の諮問機関)刑事法部会に提示した。時効が進行中の事件にさかのぼる遡及(そきゅう)適用も取り入れる。骨子案に対しては同日の部会で賛否の集約に至らず、議論を継続する。

 骨子案では、公訴時効廃止対象を、人を死亡させたうち法定上限が死刑に当たる罪とした。殺人、強盗殺人など刑法6罪、特別法6罪の計12罪。人を死亡させたその他の罪のうち、(1)上限が無期懲役刑は30年(現行15年)(2)上限が有期最長の懲役20年は20年(同10年)(3)その他の懲役・禁固刑は10年(同5年)に延長した。

 傷害致死など、殺意はないが結果として人を死亡させた「致死」罪に加え、自動車運転過失致死罪などの過失犯も延長対象となる。死亡という結果を一律に見直し対象とすることで、刑罰のバランスを維持するほか、各種事件の犯罪被害者に配慮したとみられる。

 一方、遡及適用されれば、改正法施行までに時効が成立しなかった事件は新制度が適用され、殺人事件なら公訴時効がなくなる。

 政府はより多くの犯罪被害者の救済につなげたい考えで、通常国会に刑事訴訟法改正案を提出する方針。しかし、改正に批判的な立場で部会に委員を出している日本弁護士連合会の反発が必至なほか、民主党内にも弁護士出身議員を中心に消極論が根強い。政府は2月中に法制審答申、3月の法案閣議決定を視野に入れるが、難航も予想される。

 法務省は昨年12月、廃止や延長、容疑者を特定できなくてもDNA型情報を被告として起訴する制度など4案を提示。部会の議論で廃止案が有力なことに加え、その後の意見公募でも廃止への賛成意見が過半数を占めたことから、抜本見直しに踏み込んだ。【石川淳一】

 ◇法務省が示した公訴時効見直し案◇

<廃止>           現行 見直し

▽殺人/強盗殺人       25年→廃止

(上限が死刑)

<延長>

▽強制わいせつ致死/強姦致死 15年→30年

(上限が無期懲役刑)

▽傷害致死/危険運転致死   10年→20年

(上限が有期上限の懲役20年)

▽自動車運転過失致死     5年→10年

 /業務上過失致死(その他の懲役・禁固刑)

※上記の全事件に遡及を適用

【関連ニュース】
時効見直し:「廃止」賛成が5割超す 法務省が意見公募
牛久強盗致死:水戸地検、男らを不起訴処分…18日で時効
公訴時効:見直しで刑事訴訟法改正案 通常国会に提出へ
元看護師殺人未遂:時効前、遺留品から50歳代の男浮上
元看護師殺人未遂:時効成立、夫「逃げ得許さない」 大阪

規正法改正案、3月にも策定=今国会成立目指す−民主(時事通信)
ハイチ支援の教訓生かす=医療チームが帰国報告−岡田外相(時事通信)
民家全焼、39歳の息子の遺体 千葉・四街道(産経新聞)
普天間移設争点、名護市長選が24日投票(読売新聞)
雑記帳 「横手やきそば」を正しい形で守る“道場” 秋田(毎日新聞)
[PR]
by amntjxvahg | 2010-02-01 13:01