助産師で頑張る日々の記録


by amntjxvahg

<   2010年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 愛知県豊川市の一家5人殺傷事件で、名古屋地検豊橋支部は20日、岩瀬一美さん(58)への殺人容疑などで送検された長男高之容疑者(30)の精神状態を調べるための鑑定留置を名古屋地裁豊橋支部に請求し、認められた。期間は21日〜9月10日。地検は鑑定結果を踏まえ、処分保留としている殺人容疑などについて一括して起訴するかどうか判断する。関係者によると、高之容疑者は「悪いことをしてしまった」と反省しているという。

 高之容疑者は一美さんとめいの金丸友美ちゃん(1)への殺人容疑、母(59)、弟(22)、弟の妻(27)への殺人未遂容疑で送検されたが、地検は7日、処分保留にした。現在は自宅に火をつけたとする現住建造物等放火容疑で拘置されているが、鑑定留置により、拘置は停止される。放火容疑の拘置期限は28日だった。

 殺人の罪などで起訴された場合は裁判員裁判の対象となる。乳児を含む5人を計40カ所にわたって包丁で切りつけ、家に火をつけるという特異な手口から責任能力が争点になる可能性が高いため、地検は捜査段階での精神鑑定実施が必要と判断したとみられる。

 県警豊川署によると、高之容疑者はこれまでの調べに「インターネットの契約を解約されて腹が立った。殺してやろうと思い、5人を刺した。家も燃えてしまえと思った」などと容疑を認めているという。【沢田勇】

 【ことば】鑑定留置

 容疑者や被告の精神状態を鑑定するため、病院などに留置する刑事訴訟法に基づく処分。起訴前の場合、検察側の請求に対して裁判所が許可する。刑法では、裁判で善悪を判断できない心神喪失や判断が著しく困難な心神耗弱が認められた場合、無罪や刑の減軽が規定されている。

【関連ニュース】
家族5人殺傷:放火容疑で再逮捕…愛知県警
豊川一家殺傷:父の給料管理は容疑者の自立目的
豊川一家殺傷:長男を現住建造物等放火容疑で再逮捕へ
愛知5人殺傷:長男、対人関係苦手なまま大人に
愛知5人殺傷:めい殺害容疑で再逮捕

裁判員制度施行から1年 死刑、無罪はゼロ(産経新聞)
教員免許制を再検討、養成課程延長も…文科省(読売新聞)
子ども時代の体験重要=やる気、生きがいと関連―青少年機構(時事通信)
英語「公用語化」に楽天踏み切る 世界企業目指し「内部から国際化」(J-CASTニュース)
飛鳥京跡に大型建物遺構=天皇の私的空間か―奈良(時事通信)
[PR]
by amntjxvahg | 2010-05-27 18:15
 平野官房長官は15日、鹿児島県・徳之島の経済団体関係者らと鹿児島市内のホテルで会談し、沖縄県の普天間飛行場の一部機能の受け入れに協力を要請した。

 島側からは、振興策を求める声などが出た。

 出席者によると、この日の会談で、平野氏は「徳之島空港の近くにある干潟を埋めて空港を拡張したい」などと述べ、協力を求めた。普天間からの移設が検討されているヘリコプター部隊については、「来るとしても小規模なものだ」と語った。振興策については、「それなりのものは考えている」と強調した。

 平野氏は、同島の経済団体関係者らと何度かに分けて会談したが、会談相手を明らかにしなかった。会談には、松野頼久、滝野欣弥両官房副長官が同席した。

 平野氏は会談後、記者団に「徳之島の将来をどう考えているかについて、議会や行政を通じて情報提供していただきたいという要望があったので、持ち帰らせてもらう」と述べた。出席した建設業関係者の一人は「沖縄並みの振興策にしてくれるのかと聞いたら、長官は『それでは、検討してお話しましょう』と答えた」と記者団に語った。

 政府は同飛行場のヘリ部隊の一部か訓練を徳之島に移転する方針を固め、鳩山首相が7日、地元3町長に要請したが、拒否された。これを受け、平野氏は12日、鹿児島市で徳之島町議5人に協力を要請したばかりで、この日は協力を拒否する町長の頭越しに住民の一部へ直接働き掛けた形だ。

 首相が約束した5月末までの決着が絶望的となり、政権へのダメージを最小限に抑えるため、「誠意」をアピールするのが狙いだという見方もある。

 自民党の大島幹事長は15日、岡山市内で記者団に「言い訳行脚みたいな、努力をしたことだけを残すための訪問だ。徳之島の住民が(反対を)変更できるような状況には全くない」と批判した。

重体女児が死亡=逮捕の母親、虐待疑いも―静岡県警(時事通信)
<電動立ち乗り二輪車>「セグウェイ」で東京湾岸を散歩(毎日新聞)
ご飯こぼし、いらいら…小3長男に傷害容疑(読売新聞)
<展覧会>「語りかける風景」展 東京・渋谷で開幕(毎日新聞)
雑記帳 段ボールで名古屋城 愛知工大生ら、千枚分使って(毎日新聞)
[PR]
by amntjxvahg | 2010-05-18 22:29
 10日午前3時25分ごろ、金沢港(金沢市)の西南西約30キロの沖合で、石川県漁協所属の底引き網漁船「第8住吉丸」(6.93トン、2人乗り組み)が転覆していると、別の漁船から118番通報があった。乗組員の七田勇次さん(53)=同県能登町字小浦=が行方不明で、船長の浜谷高志さん(58)=金沢市畝田中=は仲間の船に救助されて無事。

 金沢海上保安部によると、浜谷船長は「タンカーのようなものと衝突した」と話しており、同保安部は近くを航行したタンカーの船長らから事情を聴いている。漁船は同日午前10時25分ごろ、沈没した。【幸長由子】

【関連ニュース】
海難事故:貨物船同士が衝突…1隻が転覆 周防灘
転覆:小型ボートの82歳男性死亡 愛知・豊川のマリーナ
貨物船・漁船衝突:「原因」双方に 調査報告書
貨物船衝突:1隻沈没、2人が行方不明 鳴門海峡
漁船不明:10人乗り、長崎・五島列島沖で消息絶つ

鳩山首相最後のあがき ヘリ訓練分散案が浮上?(J-CASTニュース)
<取り立てチーム>船橋市で活躍…市税など悪質滞納に対抗(毎日新聞)
<JR埼京線>板橋駅で女性はねられ死亡 ダイヤ乱れる(毎日新聞)
大阪市長に公開討論申し入れへ=「大阪都」構想で対立の橋下知事(時事通信)
分別進み排出量減 思わぬ影響 環境意識高まり、ごみ発電減少(産経新聞)
[PR]
by amntjxvahg | 2010-05-11 16:02