助産師で頑張る日々の記録


by amntjxvahg
 31日午前6時15分ごろ、大阪市淀川区三津屋北の神崎川で「川に人が浮いている」と通行人から110番があった。駆けつけた大阪市消防局のレスキュー隊員が、岸から約1メートルの川面に中年男性がうつぶせに浮いているのを発見、病院に搬送したが死亡が確認された。

 淀川署などによると、30日午後11時25分ごろ、発見場所から約1キロ上流の同区新高の新三国橋で「年配の男性が飛び込んだ」との110番があり、警察や消防約90人態勢で約1時間半捜索したが見つからなかった。同署は同じ男性の可能性が高いとみて、関連と身元を調べている。

【関連記事】
「部活で仲たがいか」栃木の中2女子死亡
沢登りの男性が谷で転落死 奈良
ゲームカードを取ろうと…新潟の小5、川に転落し死亡
川に車転落、中から50〜70代の男女2遺体 雪でスリップか さいたま
京都市の鴨川で変死体 大阪・枚方市の30歳男性か

「鳥島などの射爆撃場返還は困難」沖縄防衛局(読売新聞)
警告件数を水増し、巡査2人処分=埼玉県警(時事通信)
中国人観光ビザの要件緩和を=菅副総理(時事通信)
イルカ漁は法令に基づく伝統的漁業 「ザ・コーブ」踏まえ政府が答弁書決定(産経新聞)
後期高齢者保険料、2.1%増=来年度、都道府県格差2倍強−厚労省調査(時事通信)
[PR]
# by amntjxvahg | 2010-04-02 19:40
 四国電力伊方原発3号機(愛媛県伊方町、加圧水型、出力89万キロワット)のプルサーマル発電で、国の原子力安全・保安院は30日午後、四電に営業運転の許可を出し、同社はただちに試験運転から切り替えた。九州電力玄海原発3号機(佐賀県玄海町)に続き国内2例目。

 同発電は、使用済みのウラン燃料からプルトニウムを抽出して製造するMOX燃料を、従来の軽水炉で燃やす方式。今月2日に臨界に到達していた。【柳楽未来】

【関連ニュース】
伊方原発:3号機で微量の蒸気漏れ発見 放射能漏れはなし
プルサーマル計画:宮城県知事、女川町長らが導入同意
伊方原発:プルサーマル試運転 3号機の発電再開
プルサーマル発電:伊方原発3号機が起動 国内2例目
プルトニウム:電事連や原子力機構 保有量公表

<岡崎信金>元渉外次長を再逮捕 預金詐欺容疑(毎日新聞)
食料自給率、20年度に50%=食品安全庁設置へ−農業基本計画(時事通信)
死亡認定取消、海保に請求=北朝鮮で確認、失跡男性の兄−兵庫(時事通信)
<中国毒ギョーザ>殺人未遂適用、警察庁が中国当局と協議か(毎日新聞)
森、唐澤陣営の副会長候補が同じ顔触れに(医療介護CBニュース)
[PR]
# by amntjxvahg | 2010-03-31 10:49
 兵庫県養父市八鹿町浅間地区に、同市で初めてのコウノトリの人工巣塔(高さ約13メートル)が設置されることになり、地元の伊佐小学校(有佐見吉信校長、144人)の児童らが25日、巣台づくりを手伝った。27日午前10時の式典のあと、設置される。

 同地区では平成5年から無農薬の米づくりが始まり、現在、田んぼ12ヘクタールのうち約7割が「コウノトリ育む農法」に取り組んでいる。今回はコウノトリが飛来する環境が整ったとして、県が人工巣塔を設置。南但では朝来市山東町に次いで2カ所目、但馬地域では21カ所目となる。

 この日は児童約40人と地元農家の約10人が参加。県職員が鉄製の巣台(直径1・6メートル)にシデで基礎をつくり、児童たちが「早くここで巣づくりしてね」との願いを込めて、それぞれ枝部分を重ねていった。

【関連記事】
総移動距離は約3500キロに 兵庫のコウノトリ
コウノトリ産卵、5年連続で確認
兵庫県立公園が放鳥のコウノトリ死ぬ 三重・鳥羽の川で発見
兵庫のコウノトリが石川にも飛来 人工巣塔から8月巣立ち
コウノトリが長野に飛来 最も北東で確認

<飲酒運転>都内の「死亡事故ゼロ」83日 厳罰化の効果か(毎日新聞)
米の現行案以外の受け入れ、首相が期待感(読売新聞)
カーナビ番号記載義務化…盗品ネット転売防止(読売新聞)
首相動静(3月26)(時事通信)
自立支援法訴訟、和解成立=全国に先駆け12人−さいたま地裁(時事通信)
[PR]
# by amntjxvahg | 2010-03-29 10:20
 秋篠宮ご夫妻の長女で、学習院女子高等科3年生の眞子さまと、次女で同中等科3年生の佳子さまが22日、両校をそれぞれ卒業された。

 制服姿のお二方は午前8時30分ごろ、卒業式が合同で行われた東京都新宿区の学習院女子中・高等科にご到着。付き添いの秋篠宮妃紀子さまとともに門の前で記念撮影に臨まれた。

 宮内庁によると、お二方はともに、3年間元気に通学された。眞子さまは茶道部とスキー部に所属し、文化祭や林間学校に参加するなど充実した高校生活を送られた。

 佳子さまも文化祭、臨海学校などの学校行事に携わられた。小学2年生で始めたフィギュアスケートは、現在も放課後や休日に続けられているという。

 眞子さまは宮内庁を通じ「長いようで短い高校3年間でしたが、自分なりに充実した日々を過ごすことができました」、佳子さまは「中学校ではたくさんの思い出をつくることができました」とそれぞれ感想を発表された。

 4月から眞子さまは国際基督教大学(東京都三鷹市)へ、佳子さまは学習院女子高等科へ進学される。

【関連記事】
学習院離れ? 皇族方の進学に「変化」
眞子さまが18歳に お写真で振り返るこの1年
悠仁さま3歳に 活発に外遊び 表現も豊かに
愛子さま登校できず 学習院、露呈された「学級崩壊」
紀子さま、佳子さま 「少年の主張」大会ご覧に
20年後、日本はありますか?

JR脱線で重傷の近大生卒業 長いリハビリ乗り越え 「人の役に」新たな一歩(産経新聞)
交通安全講習 受講で温泉や眼鏡安く…秋田県で高齢者向け(毎日新聞)
<名古屋市議会>報酬維持を強調…議長「民意聞き基準に」(毎日新聞)
<温室ガス>環境省がロードマップ 販売の7割エコカーに(毎日新聞)
点字ブロック 発祥地・岡山市に記念モニュメントが完成(毎日新聞)
[PR]
# by amntjxvahg | 2010-03-26 21:40
 細菌性髄膜炎から子どもたちを守る会(田中美紀代表)は3月23日、ワクチンの定期接種化を求めて約4万人分の請願署名を衆参両院議長に提出。その後厚生労働省を訪れ、長妻厚労相に要望書を手渡した。

 長妻厚労相あての要望書では、▽ヒブ(Hib=インフルエンザ菌b型)、肺炎球菌による細菌性髄膜炎を定期接種対象疾患(一類疾患)に位置づける▽ワクチンの医学的な必要性の明確化と有効性の確認のため、ワクチン関連疾患の原因病原体別発生頻度について全数把握を行う▽感染症対策やワクチン施策を迅速かつ円滑に行うため、現在の審査組織を改善し、小児市中感染症の専門家、ワクチン接種者の代表を加えた委員会および審査組織を構築する―の3点を求めている。

 同会が衆参両院議長に提出した請願署名は、過去3回分を合わせ、累計で約20万人分となった。


【関連記事】
日本脳炎ワクチンの接種勧奨を再開へ―厚労省
法改正も視野に予防接種部会を開催―厚労省
無菌性髄膜炎の集団発生、今年は早い?
はしかワクチン、中1らの定期接種継続を―保団連
乾燥細胞培養日本脳炎ワクチン、定期予防接種に

病院機能評価の医療への影響で初の調査結果(医療介護CBニュース)
変死の歯科医、首に傷 本格捜査 浴槽の水飲まず(産経新聞)
「スーパー特区」検討、枝野氏が橋下知事に表明(読売新聞)
最終回迫る「キャンパスナイトフジ」あの娘たちと接触するチャンス!
<マンガ大賞>ヤマザキマリさんの「テルマエ・ロマエ」に(毎日新聞)
[PR]
# by amntjxvahg | 2010-03-24 21:01